TOP GLOBAL UNIVERSITY JAPAN

本学学長が日本・ウズベキスタン学長会議に出席し、キルギス、ウズベキスタンの各大学と交流協定を調印

news2016-13_3

news2016-13_2

news2016-13_1

2015年11月13日

日本・ウズベキスタン学長会議の出席、ならびに、キルギス、ウズベキスタンの各大学との交流協定の調印のため、馬場善久学長、小山内優国際部長が、11月10日から13日(現地時間)、現地を訪問しました。
 
10日には、ビシュケク人文大学を訪問。ムサエフ学長はじめ、教職員学生の歓迎を受け、同大学内のホールにて、多くの学生が見守る中、交流協定調印式および記念の式典が開催されました。

11日に、ウズベキスタンに移動し、同国の大使館を表敬訪問し、加藤文彦大使と会見。世界言語大学をはじめ同国の大学と創価大学の交流の発展を期待しました。

12日には、ウズベキスタン国立世界言語大学を訪問し、カユモフ学長をはじめ、教員・学生と交流しました。日本語履修学生による歓迎行事も行われ、カユモフ学長、本学の馬場学長のあいさつに続き、学生による歌、舞踊、等が行われました。

13日には、ウズベキスタンの30以上の機関が参加して第2回日本・ウズベキスタン学長会議が行われ、セッションやレセプション、本学とウズベキスタン国立世界言語大学をはじめ、日本とウズベキスタンの各5大学が協定書への署名を行いました。その後、日本の大学による紹介のプレゼンテーションがあり、本学は大学紹介の他、ナワイー像及びウズベキスタンにおける発掘調査の写真等を用いて説明し、会場の注目を集めました。本学創立者に名誉教授称号を授与した国立芸術デザイン大学や国立テルメズ大学の学長も参加しており、親交を深める機会となりました。