TOP GLOBAL UNIVERSITY JAPAN

留学生会主催インターナショナル・カルチャー・アプリシエーション・フェスティバルが開催されました

89ca1951241bd4f61d4a84e2302a1ce11

世界55ヵ国・地域より本学に留学している学生が所属する留学生会主催の「インターナショナル・カルチャー・アプリシエーション・フェスティバル」(ICAF)が、7月7日(金)、本学ディスカバリー・ホールで開催され、約250人が参加しました。
ICAFは、企画・運営の全てを留学生会が行うイベントで、創価大学のクラブ・サークル団体などが留学生と共にパフォーマンスを披露します。

今回のICAFでは、チアリーディング部パンサーズや、ダンスサークル「ROUTE」などのクラブ団体に、留学生が加わった演技に場内がわきました。また、留学生同士の演目や女子留学生寮によるパフォーマンス等があり、最後に全員で留学生歌を歌い、大いに盛りあがりました。

参加者からは次のような感想が述べられました。

・「留学生会のイベントを通して、様々な国から集ったメンバーと友情を育むことができま
した。前期の期末試験、後期の授業もがんばります」(文学部1年・男性 フランス出身)

・「創価大学に来てから半年が経ちました。これで帰国となりますが、ここで出会った友人たちは私の生涯の宝です。このイベントが創価大学での最後の催しとなりました。これから自分の専門分野を磨き、社会に貢献できる力をつけていきたいと思います」(交換留学生・女性 アメリカ出身)

5e4fa846e1c4baea05d1c0b5ce1a1036 d459408fee471eca6da68e048680d655

76a7f626ef151e6cba34bbc28ed7ef24 7b59526798fc9dd5f45612de578207c4

081b6deb8ef222f9bf727cf1b02620ee 3b2139ecce758d0ae1cb13c3bf9c29f2