TOP GLOBAL UNIVERSITY JAPAN

news

$fcGen
11 - 20 / 30 POSTS
2015,11,13

本学学長が日本・ウズベキスタン学長会議に出席し、キルギス、ウズベキスタンの各大学と交流協定を調印

2015年11月13日 日本・ウズベキスタン学長会議の出席、ならびに、キルギス、ウズベキスタンの各大学との交流協定の調印のため、馬場善久学長、小山内優国際部長が、11月10日から13日(現地時間)、現地を訪問しました。   10日には、ビシュケク人文大学を訪問。ムサエフ学長はじめ、教職員学生の歓迎を受け、同大学内のホールにて、多くの学生が見守る中、交流協定調印式および記念の式典が開催されました。 11日に、ウズベキスタンに移動し、同国の大使館を表敬訪問し、加藤文彦大使と会見。世界言語大学をはじめ同国の大学と創価大学の交流の発展を期待しました。 12日には、ウズベキスタン国立世界言語大学を訪問し、カユモフ学長をはじめ、教員・学生と交流しました。日本語履修学生による歓迎行事も行われ、カユモフ学長、本学の馬場学長のあいさつに続き、学生による歌、舞踊、等が行われました。 13日には、ウズベキスタンの30以上の機関が参加して第2回日本・ウズベキスタン学長会議が行われ、セッションやレセプション、本学とウズベキスタン国立世界言語大学をはじめ、日本とウズベキスタンの各5大学が協定書への署名を行いました。その後、日本の大学による紹介のプレゼンテーションがあり、本学は大学紹介の他、ナワイー像及びウズベキスタンにおける発掘調査の写真等を用いて説明し、会場の注目を集めました。本学創立者に名誉教授称号を授与した国立芸術デザイン大学や国立テルメズ大学の学長も参加しており、親交を深める機会となりました。
2015,11,06

エクアドルのピアグァヘ画伯が同国駐日大使と共に来学し、講演

2015年11月06日 エクアドルの著名な画家であるラモン・ピアグァヘ氏が同国駐日大使と共に来学し、「アマゾン熱帯雨林を描く」と題して講演しました。   講演に先立ち、エクアドルのレオナルド・カリオン・エギグレン駐日大使があいさつに立ち、同国の気候や農産物、ジャングル・熱帯雨林からアンデスの山岳地帯、太平洋岸に行けば動植物の宝庫であるガラパゴス諸島と独特の地形が生み出す豊かな自然について話があり、マエストロ・ピアグァヘ氏の紹介がありました。 ピアグァヘ氏はアマゾンのジャングルで生まれ育ち、現在も現地で、絵を描き続けています。幼い頃は、白い砂浜に絵を描き、鉛筆とノートが手に入るようになってからは、ノートに絵を描き、チョコレートやキャンディをもらうために、ジャングルを訪れていた文化人類学者や宣教師に絵を渡していました。何千年もの歴史を持つ民族、セコマ族のなかで独学で絵を学び、その才能に気付いた文化人類学者から24色の絵の具をもらったのが、32歳の時。以来、24色の絵の具を混ぜ合わせジャングルの色彩を表現。出展を進められ、国内外で作品を発表する中、イギリスのチャールズ皇太子が主催をし、世界中から名だたる画家たちが出展した絵画展で、最優秀賞を受賞。写実的な氏の絵を通しジャングルを伝えたいと、毎日4時間キャンバスに向かい、1ヶ月に1作品を描いています。  講演では、これまでの氏の生涯と共に、写真を通して、ジャングルでの生活の様子を紹介。絵を描くことにおいては、「自分が葉っぱであり蔓であり、ジャングルと一体となって、見たものそのまま表現しています」「自然は声を持っていない。私にしか、ジャングルを描くことはできないとの使命感を持っていますし、ジャングルの姿を私の絵を通して世界に伝えたい」と話しました。講演終了後は、氏の絵を囲み、また大使が持ってきてくれたエクアドルのコーヒーを片手に、学生たちとの懇談が行われました。
2015,10,15

パプアニューギニアのオニール首相が来学

2015年10月15日 日本を公式訪問中のパプアニューギニアのピーター・オニール首相、リンダ・メイ・ババオ首相夫人一行が本学を訪問し、本学の田代康則理事長、馬場善久学長、石川惠子短大学長ら教職員、学生の代表が歓迎しました。 南太平洋に位置するパプアニューギニアは、ニューギニア島の東部や周辺の島々からなり、800以上の言語と、数多くの文化集団が共存する多様性に富んだ国。自然環境が豊かな一方、地震や津波などの天災も多く、その対策などでも日本と深い協力関係を築いてきました。本年は太平洋戦争終結から70年、また両国の国交樹立から40周年の佳節に当たります。 パプアニューギニアの教育、文化の発展に従事し、太平洋諸島のリーダーとして平和外交に尽力してきた功績をたたえて本学の「名誉博士号」をオニール首相に授与。式典後には、中央教育棟でGCP(グローバル・シチズンシップ・プログラム)生ら学生代表との懇談が和やかに行われ、活発な質疑応答が行われました。学生からは、“教育の重要性について”“多様性と調和をいかに両立させるか”などの質問があり、首相は、「教育は多くのことを可能にしてくれる道具であり、全ての人に教育が行きわたる社会を築きたい」との信念を紹介。また、「文化や言葉の違いは時に困難を伴うこともあるが、多様性は強みでもある」「多様な人びとが手を取り合い、国を発展させていくモデルになっていきたい」と述べました。「世界の未来のために素晴らしい学びの環境を提供している大学ですね」、「いつの日かぜひ、わが国にもお越しください」と満面の笑顔で学生たちに声を掛けながら本学を後にしました。
2015,09,24

本学の教職員の代表がインドで開催された「日本留学フェア」へ参加

2015年09月24日 9月22日から24日にかけてインドのプネ市とムンバイ市で開催された、「日本留学フェア」(主催:東京大学インド事務所及びインド文部省留学生協会)に本学理工学部の篠宮紀彦教授等が参加しました。 シンガッド工科大学(プネ市)およびインド工科大学(ムンバイ市)で行われた「日本留学フェア」では、インド文部省の代表、在インド日本国大使館の児玉大輔一等書記官等から挨拶があり、次いで参加大学からの大学紹介がありました。その後、各大学がブースを出展。約800名のインド人学生が参加しました。本学のブースにも200名を超える学生が集まり、本学の大学院やスーパーグローバル大学創成支援のプログラムの他、奨学金制度、キャンパス環境、活発な国際交流等について高い関心が寄せられました。 インドでは近年、日本語や日本文化を学びたい学生が急増していることから、日本への留学も盛んになっています。このため、日本の多くの大学が積極的にインドからの留学生の受入体制を整えております。今回の「日本留学フェア」には主催の東京大学のほか、早稲田大学、慶応大学、明治大学、立命館大学、名古屋大学等の大学が参加しました。
2015,09,15

中国・湖南大学の趙学長一行が来学し交流協定を調印

2015年09月15日 9月15日(火)、中国・湖南大学より趙躍宇(ちょうやくう)学長をはじめとした一行6名が、本学を訪問しました。 一行は、キャンパス内の周桜、中央図書館、中央教育棟を見学し、本部棟にて田代康則理事長、馬場善久学長と懇談し、あわせて交流協定調印を行いました。 中国最古の歴史を持ち、1000年以上にわたって教育の伝統を受け継いできた湖南大学は、「千年学府」と称されています。湖南省の省都・長沙市。悠久の歴史を刻む大学の淵源は、北宋時代の976年に創設された「岳麓書院」です。市内を流れる湘江のほとり、岳麓山のふもとに立つこの殿堂は、「古代四大書院」の一つであり、現在にまで続く教育機関としては中国最古。中国の学問研鑽の拠点として今日まで発展を続けています。 趙学長は、「池田先生は中国で大変に有名な方です。こうして創価大学を訪問し、池田先生の理念・精神に触れることができ、大変に嬉しく存じます。創価大学が高い教育理念を掲げて創立されたことが良く理解できました。本日、創価大学と正式に交流協定を締結できることは、誠に光栄です。本学は、岳麓書院の時代から数えると約1000年の歴史を誇る学府であります。歴史ある本学と、優れた理念を持つ創価大学の交流は、中日両国の発展につながると確信します」と話しました。
2015,08,26

アメリカ・デラウエア大学での1セメスター語学留学がスタート

2015年08月26日 アメリカ・デラウエア大学付属語学学校で1セメスター(8月19日から12月20日)の語学留学が始まりました。これは、英語が中位レベルの学生を対象として、英語力のボトムアップを目的とした留学プログラムで1年生から4年生までの8名が参加します。  授業は、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングに個別指導、課外学習が組み込まれており、6段階のレベル分けがされており、自分に合った学びが可能。上級者は、アカデミック英語コ-ス、ビジネス英語コース、アメリカ文化から学ぶコースなどの選択も可能で、学べる範囲が広い点も魅力の一つです。  参加する学生たちは、「自分の可能性を広げたい」、「24時間英語漬けの環境で英語を身につけたい」、「卒業論文のテーマを英語で作成する力を付けたい」、「英語を学びながら著名な教授と接触し自身の視野を広げたい」など様々で、みな一様に学ぶ意欲に燃え、デラウエア大学でのガイダンスをスタートしました。  デラウエア大学は、2000年1月、本学創立者の池田大作先生に、日本人初となる「名誉人文学博士号」を授与しており、その際に本学との学術交流協定を結びました。
2015,08,21

韓国で創大への留学説明会を開催しました

2015年08月21日 韓国の釜山市とソウル市で創価大学への留学説明会が8月1日、2日、9日に開催され、3日間で800名を超える高校生と保護者が参加しました。 この説明会では、創価大学の近況や留学生活を紹介するDVDの上映を行った後、創価大学の教育の特色や特長について説明しました。また、創価大学の充実した留学制度や外国人入試システム、新たな奨学金制度等を伝えるとともに、創価大学に在学する韓国人留学生が、受験したきっかけや進学して実際に感じていることを発表。自分たちの同郷から進学している先輩の話に参加者は強い関心を持って聞き入っていました。終了後には、個別相談会を行い、高校生らの個々の状況に応じた具体的な質問に、創価大学への関心の高さが伺えました。 留学説明会に参加した方の声は以下の通りです。 ○高校生の参加者より 「今回の説明会に参加して、学部や別科で教育を受けたいと思い、創価大学に入学したい気持ちがより強くなりました。また、留学生に対しての配慮にも感動しました。詳細な説明が聞けて良かったです。今後もこのような説明会があれば参加したいです」 ○保護者の参加者より 「さらにグローバルになっていく創価大学に多くの学生が進学できるよう、自分の子どもたちも留学できるよう励ましていきます。現役生の体験談もとても良く、様々参考になる説明会でした」
2015,08,17

本学とマラヤ大学アジア・ヨーロッパ研究所共催の「オープン型短期研修」を開催しました

2015年08月17日 国内外の外国籍の方に日本語・日本文化を学ぶ機会を提供する「オープン型短期研修」の一環として、本学で8月2日(日)から16日(日)の2週間、創大ASEM(Asia-Europe Meeting)夏季短期研修を開催しました。   今回の研修は、本学の学術交流協定校であるマレーシア・マラヤ大学アジア・ヨーロッパ研究所と共催で、両大学の海外交流のネットワークを生かして参加者を募集し、マレーシア・韓国・オーストラリアの3ヶ国・地域から13名が参加しました。 日本語授業では、「自己紹介・挨拶」や日本人学生へのインタビューなど、実践的な日本語コミュニケーションのプログラムを受講し、課外活動では、東京を中心に歴史・文化・日本事情が学べる各所を訪れ、様々な日本文化に直接触れました。日本のアニメ制作で有名なスタジオジブリ美術館の見学や、世界中から多くの旅行者が訪れる浅草・お台場なども見学しました。    研修生の声は以下の通りです。 ○オーストラリア・スコッチ大学 「創価大学で世界各地からの友人と一緒に勉強し、大学や寮で学生と交流することができ、最高の思い出となりました。創価大学の掲げる理念と建学の精神に感銘を受け、今回の研修を受講しました。期待以上の経験ができました」 ○マレーシア・療法士 「創価大学の素晴らしい学習環境に驚きました。教職員、学生の皆様に温かくサポートしていただき、国籍が違っても心は通じ合うことを学びました。私は療法士として働いています。研修を通して、人々に貢献するとの使命を思い起こしました。1人でも多くの人の力になれるよう、今後も自身を磨いてまいります」
2015,07,31

海外交換留学生などの修了式が開かれました

2015年07月31日 昨秋(2014年)または今春(2015年)より本学で学んだ交換留学生、アメリカ創価大学(SUA)研修生、特別履修生及び、弘益(ホンイク)大学短期研修生90名の合同修了式が7月31日(金)、本部棟国際会議場で行われました。 はじめに、田代康則理事長が創立者池田先生からのメッセージを紹介。その中で、創立者は「皆、勇んで異国と異文化に飛び込んで、言い知れぬ戸惑いや苦労を重ねながら、今日まで本当によく学び抜いてくださいました。(中略)今回の留学を通して、皆さんは一段と、どんな困難も突破していける知性と人格の翼を鍛えました。大きな使命があるゆえに立ちはだかる、いかなる試練も、必ず勝ち越えていけると信じます。どうか、創大で培った『負けじ魂』を胸に、忍耐強く勇敢に、凱歌の道を進んでいってください」と念願しました。  その後、修了生の代表として、キューバ・ハバナ大学交換留学生、ガーナ大学交換留学生などが留学で学んだことや感じたことなどについてスピーチをしました。馬場善久学長は受講証書の授与と記念品を贈呈した後、アメリカ留学中の体験談を語り、参加者を激励しました。 ○ハバナ大学交換留学生のスピーチ 「昨年の9月、念願が叶いキューバから創価大学に留学した日の夜、緊張のあまり眠れなかったことを昨日のことのように思い出します。初めは日本語でのコミュニケーションがうまくとれず、食事も口に合わず、苦しいこともありましたが、素晴らしい友達の支えで前に進むことができました。創大祭で沢山の仲間と友情を結び、価値観を広げることができました。創価大学で、いかに人生を生きるべきかを教えてもらいました。将来は、スペイン語圏と日本を結ぶ通訳者を目指します。今日から皆さんとはほとんど会えなくなってしまいますが、今日まで、たくさんの楽しいことも、つらいことも、一緒に乗り越えてきた皆さんと出会ったことをとても嬉しく思います。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」 ○ガーナ大学交換生のスピーチ 「普段から創価大学の資料やウェブサイトに『自分力の発見』というスローガンを見かけます。JASプログラムでは正に自分の力を発見できました。JAS科目を受けた全員が自分の能力を向上できたと思います。異なった背景の学生がグループを作り、課題について討論するのが好きでした。共に行動したこの協同学習は国際社会に通用するための訓練だと思いました。これからそれぞれの道を歩みますが、創価大学での訓練のおかげでより平和な世界を築けると思います。ありがとうございました」
2015,07,12

香港とタイで「創価大学留学説明会」を開催しました

2015年07月12日 本学の「スーパーグローバル大学創成支援」の推進のため、7月11日に香港で留学説明会を開催し、約130名の高校生と保護者が参加しました。  DVDの上映に続いて、マリア・グアハルド国際教養学部長が本学の留学生受け入れの促進や奨学金、寮・宿舎などの環境整備について説明しました。終了後、約30名から個別に相談があり、学部、大学院、別科の特徴、新たな入試制度、奨学金など多岐にわたる質問がありました。  同12日、タイのバンコクで開催した留学説明会には、約180名の高校生と保護者が参加しました。  留学生のための教育プログラム、外国人入試と新奨学金制度等について説明し、タマサート大学から本学への交換留学経験者が創価大学の学習環境、世界中から集った友人との出会い等の留学体験を披露しました。  両説明会には、本学で学んだ交換留学生や卒業生もスタッフとして通訳や会場設営など、説明会の運営に携わってくれました。  参加者からは、「入試に関する説明を直接聞くことができ、創価大学進学への意識が高まりました」「奨学金制度や日本語学習のプログラムが充実しており、留学生にとって学びやすい環境であると感じました」等の声が寄せられました。
11 - 20 / 30 POSTS