日本語・日本文化教育センター

創価大学に学ぶ留学生等に対し、日本語および日本文化の科目を提供することを主な目的に設置しています。

センター長あいさつ

本学は1976年に日本語別科を開設して以来、留学生への日本語・日本文化の教育に尽力してまいりました。創立50周年(2020年)を目指して策定されたグランドデザインに基づいて、より多くの留学生を迎え、留学生への教育サポートのいっそうの充実を期して2011年に設立されたのが「日本語・日本文化教育センター(以下、日日センター)」です。
日日センターは、交流大学からの交換留学生と学部・大学院への進学を希望する留学生、さらには科目履修を目的とするノンディグリー留学生、また海外の大学からの短期日本語研修生を受け入れております。留学生の多様なニーズに応えるため、日本語科目、日本文化体験科目を提供するとともに、日本語ならびに英語で開講されている学部の専門科目、共通科目の履修をサポートいたします。
これまで以上に多くの留学生が多様な目標を持ちながら創価大学で学ぶことが可能となりました。世界各地から多くの留学生が集い、学び、世界平和と新しき大文化建設を担う「世界市民」として巣立ちゆくよう、日日センター・スタッフ一同、全力で留学生の皆さんを支援してまいります。
日本語・日本文化教育センター長
高木 功

日本語研修課程

日本語研修課程は、日本語研修を条件として学部への入学が許可(条件付入学許可)された外国人学生に対し、日本語教育を行う課程です。学生の日本語レベルに応じて、半年または1年間の日本語学習を行い、学部での講義を受講できるだけの日本語能力を養うことを目的としています。

特別履修課程

特別履修課程は、創価大学で開講している専門科目および共通科目を受講することを希望する外国人学生を受け入れる課程です。外国人学生用に開講している日本語科目はもちろん、語学力に応じて日本語や英語で教授する専門科目の履修も可能です。在籍期間は、1学期ごととなっており、最長2年間まで在籍することができます。
詳しくは各言語のページでご案内しております。